PGC-1α(PPARγ coactivator 1α)

PPARγに結合するコアクチベーターとして同定された転写制御因子白色脂肪細胞においてはミトコンドリア生合成の増強やUCP1発現増加などによる褐色脂肪細胞様変化を生じさせる。*1

運動によって増加するとされ、骨格筋内で重要な物質の増加や代謝の改善が報告されている。

また、PGC-1α骨格筋に作用することで、骨格筋から分泌されるイリシンがエネルギー消費量を増加させることが報告されている。インスリン抵抗性の改善に関わることが示唆されている。*2

PGC-1αは褐色脂肪細胞骨格筋肝臓などの代謝が活発に行われている臓器発現が多く,とくに骨格筋のなかではⅠ型線維が多いヒラメ筋において高発現している.PGC-1αは持続的な運動によって発現が増加することが知られており,骨格筋でPGC-1αを過剰発現したマウス(PGC-1α Tgマウス)では,Ⅰ型やⅡA型線維に特徴的な遅筋型のトロポニンIミオグロビンミトコンドリア量の増加,分岐鎖アミノ酸BCAA代謝酵素の発現促進が認められ,持久的運動能が上昇する.*3

*1PGC-1α 小川渉(神戸大学大学院 医学系研究科): http://www.nips.ac.jp/thermalbio/handbook/1-18v2.pdf
*2骨格筋と脂肪組織にかかわる最近の話題 ホルモンIrisinと白色脂肪細胞の褐色脂肪細胞化: http://nutrition.life.kpu.ac.jp/wp-content/uploads/2015/01/%E5%8C%96%E5%AD%A6%E3%81%A8%E7%94%9F%E7%89%A9-%E5%AF%84%E7%A8%BF.pdf
*3骨格筋からみた糖尿病の病態と治療 亀井康富 小川佳宏: http://nutrition.life.kpu.ac.jp/wp-content/uploads/2012/12/%E6%9C%88%E5%88%8A%E7%B3%96%E5%B0%BF%E7%97%85-2015.pdf

PGC-1αに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-18 (日) 10:37:03