健康用語WEB事典

PLCδ1(phospholipase C δ1)

δ型ホスホリパーゼCPLCδ)のひとつ。細胞質分裂が起こる際にPHドメインを介して分裂溝に局在しする。これはPIP2の分裂溝への分布と一致している。*1

広い組織に分布する。皮膚などの表皮角化細胞に多く発現しており、その分化を調節していることが知られている。*2

尋常性乾癬患者の表皮においてPLCδ1の減少が確認されており、その悪化に関与していることが示唆されている。

血管平滑筋の収縮や脂肪細胞の機能の調節に関与する。PLCδ1の減少により白色脂肪細胞における脂肪産生が抑制される一方、褐色脂肪細胞における熱産生は促進される。

*1ホスホリパーゼCδ1の細胞増殖における機能に関する研究 内藤陽子: http://www.sci.u-hyogo.ac.jp/edu/ronbun/img/SDr6_200906.pdf
*2東京薬科大学生命科学部ゲノム病態医科学研究室 中村由和 ホスホリパーゼCの活性化機構と生理機能: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2017.890189/data/index.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


PLCδ1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-05-07 (木) 10:37:43