PP2C(protein phosphatase 2C)

セリン・スレオニンホスファターゼのひとつ。で比較的高い活性を示し、触媒活性発現マグネシウムイオンまたはマンガンイオンが必要。*1

DNA修復機構、ストレス応答、シグナル伝達、細胞増殖などの細胞機能の制御に関与する。

哺乳類のPP2Cにはそれぞれ異なった遺伝子から発現される12種類が存在する。*2

*1プロテインホスファターゼ入門 大西素子研究室 中部大学: https://www3.chubu.ac.jp/faculty/ohnishi_motoko/kenkyunaiyo/kenkyu1/
*2プロテインホスファターゼ2Cの阻害剤 大西素子研究室 中部大学: https://www3.chubu.ac.jp/faculty/ohnishi_motoko/kenkyunaiyo/kenkyu3/

PP2Cに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-02 (日) 16:43:12