健康用語WEB事典

PTEN(phosphatase and tensin homolog deleted from chromosome 10)

がん抑制遺伝子のひとつ。ホスファチジルイノシトール-3-キナーゼPI3K)経路を負に制御するホスファターゼピーテンとも。PTENの欠損は脂肪肝の原因となる。*1

PI3Kとともに細胞運動に関わる。*2

*1小玉 尚宏、竹原 徹郎 ≪消化器内科学≫ 「動く遺伝子」を用いた網羅的遺伝子探索技術により、脂肪肝からの肝がん発症に重要ながん遺伝子を同定 | 大阪大学医学系研究科・医学部: http://www.med.osaka-u.ac.jp/activities/results/2018year/kodama20181012
*2ホスファチジルイノシトールリン脂質シグナルの自己組織化が細胞の自発運動を引き起こす仕組みを解明|生命科学研究のフロンティア|大阪大学 大学院生命機能研究科: http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/gcoe/jp/events/achievement/post-30/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


PTENに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-13 (金) 12:47:25