健康用語WEB事典

RAGE(receptor for advanced glycation end-products)

HMGB1リガンドとする細胞膜受容体炎症の惹起に関わる。*1

パパベリンはHMGB1のRAGEへの結合を阻害することが確認されている。

*1一般的血管拡張、抗けいれん薬「パパベリン」に、抗炎症、抗がん作用があることを発見<br />~ドラッグリポジショニングで敗血症や膠芽腫の治療に有効な既存薬を再開発~|東京理科大学: https://www.tus.ac.jp/mediarelations/archive/20190716001.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


RAGEに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2019-11-20 (水) 07:17:20