健康用語WEB事典

RNAポリメラーゼ(RNA polymerase)

DNAを鋳型としてRNAを合成する酵素DNA依存性RNAポリメラーゼとも。*1

ウイルスのRNAポリメラーゼは、タンパク質合成に必要となるCap宿主mRNAから切断し、それをプライマーとしてmRNAの合成を行っていることが知られている(キャップスナッチング)。*2

RNAを合成する酵素の総称。通常、DNAを鋳型としてRNAを合成する転写反応を触媒するDNA依存性RNAポリメラーゼを指す場合が多い。*3

真核生物には以下の3種類が存在し、それぞれ転写するRNAが異なる。

*1鋳型非依存性RNAポリメラーゼの反応機構を解明【用語補足】: https://www.jst.go.jp/pr/info/info99/yougo.html
*2「感染コンピテンシ」研究領域へようこそ 「感染コンピテンシ」研究領域代表 永田恭介(筑波大学・学長): http://www.md.tsukuba.ac.jp/basic-med/infcompetence/newsletter/CompetencyNewsLetterVol.1_130607.pdf
*3RNAポリメラーゼ | 生物分子科学科 | 東邦大学: https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/bio/RNA_polymerase.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


RNAポリメラーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-05-10 (金) 10:34:15