健康用語WEB事典

RNAi(RNA interference)

2本鎖RNAがいくつかのタンパク質と複合体を作り、相同な塩基配列をもつmRNAと特異的に対合し、それを切断することによって遺伝子発現を抑える現象。RNA干渉とも。*1

自己の不要なRNAウイルスなどが持ち込むRNA発現を阻止するために、そのRNAに相補的な小型のRNAsiRNA)を用いる防御の仕組みとして知られている。

ショウジョウバエの生体内にウイルスが侵入した際には、ウイルス遺伝子RNA)のはたらきを阻止するような「小さなRNARNAヘアピン)」が作り出されることも突き止められた。RNAヘアピンは、ウイルスRNAの一部と「鍵と鍵穴の関係(相補的配列)」であるために、その部位に結合することで、ウイルスRNAの機能を阻害できる。... RNA干渉では、すでに転写されたmRNAに対して阻害的にはたらき、その情報がタンパク質へと翻訳されるのを防いでいる。*2

*1RNA干渉 - 理学のキーワード - 東京大学 大学院理学系研究科・理学部: https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/story/newsletter/keywords/04/03.html
*2技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)

ご意見・ご要望をお聞かせください。


RNAiに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-10-06 (土) 16:30:11