健康用語WEB事典

RNG140

水晶体分化の際に一過的に増加する翻訳制御因子。カプリン2とも。*1

水晶体形成の初期に増殖する線維細胞の増加を止め、分化に向かわせるスイッチの役割を担っている。eIF3?の活性を抑制することで翻訳を抑制する。

タグ: タンパク質 水晶体

*1プレスリリース - 目の水晶体(レンズ)形成におけるタンパク質合成制御の仕組みを発見: https://www.nibb.ac.jp/press/2020/10/02.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


RNG140に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2020-10-08 (木) 18:58:17