健康用語WEB事典

RNaseH

リボヌクレアーゼのひとつ。DNA/RNAハイブリッドRNA鎖のみを加水分解する。

RNase H は RNA/DNAハイブリッドRNA鎖 のみを塩基非特異的に切断して、 5'位にリン酸基、3'位に水酸基をもつ RNAオリゴマーを生成するエンドリボヌクレアーゼ?で、生物界に普遍的に存在する。*1

RNA/DNAハイブリッド鎖のRNA鎖を特異的に加水分解する酵素で、DNA複製に必要なRNAプライマーを合成・除去したり、DNAに間違ってとりこまれたRNAを除去したりすると考えられている。*2

*1大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻 大政研究室 リボヌクレアーゼ H(RNase H)の触媒機構と基質認識機構に関する研究: http://www.mls.eng.osaka-u.ac.jp/~bio_ext/kenkyu/1-1.html
*2大阪大学大学院工学研究科 生命先端工学専攻 大政研究室 H(RNase H)の蛋白工学的研究: http://www.mls.eng.osaka-u.ac.jp/~bio_ext/kenkyu/kenkyu2.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


RNaseHに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:41