Ras

低分子量Gタンパク質発現する遺伝子細胞の成長や増殖などに関与する。*1

MAPキナーゼと共に、細胞内のシグナル伝達経路であるRas/MAPKシグナル伝達経路を構成する。*2

突然変異によって高頻度でがんを引き起こすがん原遺伝子

Rasのサブファミリー*3

*1がんを引き起こす膜たんぱく質の立体構造と働きを解明 ~がんを抑制する薬剤の設計へ~ — 京都大学: http://www.kyoto-u.ac.jp/static/ja/news_data/h/h1/news6/2013_1/131202_1.htm
*2東北大学 心筋症をもつ先天性疾患の新しい原因遺伝子を発見 病態解明と治療法開発へ: https://www.tohoku.ac.jp/japanese/newimg/pressimg/tohokuuniv-press_20130619_01web.pdf
*3RAS/MAPKシグナル伝達経路とは|The RAS/MAPK Syndromes Homepage: http://www.medgen.med.tohoku.ac.jp/rasmapk_j/pathway/

Rasに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-22 (土) 07:28:11