Ras/MAPKシグナル伝達経路(Ras/MAPK signaling pathway)

RasおよびMAPキナーゼによるシグナル伝達経路。Ras/MAPKカスケードとも。

RAS/RAF/MEK/ERKは古典的なRas/MAPKシグナル伝達経路であり、おもに増殖因子による刺激を細胞核に伝え、細胞の増殖や分化細胞死に関わる。*1

この伝達経路の異常がヌーナン症候群の原因であることが報告されている。*2

線虫において、嗅覚神経伝達に重要であることが確認されている。*3

*1RAS/MAPKシグナル伝達経路とは|The RAS/MAPK Syndromes Homepage: http://www.medgen.med.tohoku.ac.jp/rasmapk_j/pathway/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | ヌーナン症候群におけるRas-MAPKシグナル経路の役割に関する研究 (KAKENHI-PROJECT-21791013): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-21791013/
*3KAKEN — 研究課題をさがす | 神経系におけるRas-MAPキナーゼシグナル伝達経路の機能の解明 (KAKENHI-PROJECT-13480224): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13480224/

Ras/MAPKシグナル伝達経路に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-01-10 (木) 14:26:42