S-アデノシルホモシステイン(s-adenosylhomocysteine : SAH)

ATPメチオニン縮合によってできるアデノシン誘導体S-アデノシル-L-ホモシステインとも。*1

S-アデノシルホモシステインの化学構造

また、S-アデノシルメチオニンメチルトランスフェラーゼメチル基を与えることでも生成される。

S-アデノシルホモシステインがS-アデノシルホモシステインヒドロラーゼによって加水分解されるとアデノシンホモシステインに分けられる。*2

*1小川博 血中ホモシステインの簡便な定量法の確立と動脈硬化性疾患への適用: http://www.lib.tezuka-gu.ac.jp/kiyo/nTEZUKAYAMAGAKUIN-UNI/n12PDF/n12OgawaIkedaKatsurada.pdf
*2KEK IMSS 放射光科学研究施設 蛋白質構造解析ユーザーグループ S-アデノシルホモシステイン加水分解酵素の反応機構: http://pfwww.kek.jp/pf-sympo/27/abst/UG-03-26.pdf

S-アデノシルホモシステインに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: fileS-adenosylhomocystein.png 閲覧数 58回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-06-13 (水) 07:54:10