健康用語WEB事典

S-アデノシルメチオニン(S‐adenosylmethionine : SAM)

メチオニン代謝によって合成されて、ポリアミンシステインの原料となる有機化合物活性型メチオニンとも呼ばれる。*1

S-アデノシルメチオニンの化学構造

炎症活性を持ち、慢性肝炎の治療に用いられる。*2

タンパク質DNAなどのメチル化におけるメチル基の供与体としての役割も持つ。S-アデノシルメチオニンメチル基転移酵素メチル基を与える補酵素となり、自身はS-アデノシルホモシステインに変化する。アミノ酸代謝ホスファチジルコリンde novo合成などで働く。*3*4*5

*1共同発表:アミノ酸代謝促進で長寿に~Sアデノシルメチオニン代謝が寿命延長の鍵~: http://www.jst.go.jp/pr/announce/20150924-3/#YOUGO1
*2S-Adenosylmethionine | C15H23N6O5S+ - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/S-adenosyl-L-methionine#section=Top
*3酵母変異株を利用するS-アデノシルメチオニンの生産および作用機構の解析 - ひまわり[Himawari] 広島大学 統合技術情報発信システム: https://hutdb.hiroshima-u.ac.jp/seeds/view/181/ja
*4日本蛋白質構造データバンク 1MXI: http://pdbjkw1.protein.osaka-u.ac.jp/eprots_old/index_ja.cgi?PDB%3A1MXI&l=
*5福岡大学 理学部 機能生物科学研究室 補酵素: http://www.sc.fukuoka-u.ac.jp/~bc1/Biochem/coenzyme.htm

ご意見・ご要望をお聞かせください。


S-アデノシルメチオニンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileS-adenosylmethionine.png 閲覧数 96回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-05-19 (火) 08:20:58