S6キナーゼ(S6 kinase)

リン酸化されると種々のリボソームタンパク質リン酸化して翻訳を促進するキナーゼ

mTORC1によって活性化され、インスリンによって活性化されたインスリン受容体のシグナルを仲介するIRS1リン酸化して、その機能を抑制するというフィードバックループを形成する。*1

*1東北大学 加齢医学研究所 加齢制御研究部門 基礎加齢研究分野(堀内研究室) 細胞内エネルギー感知システムに関する研究: http://www2.idac.tohoku.ac.jp/dep/mcb/study-energy.html

S6キナーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-04-22 (月) 11:20:32