SAP-1(stomach cancer-associated protein tyrosine phosphatase-1)

小腸および大腸消化管上皮細胞アピカル側微絨毛に局在する受容体型チロシンホスファターゼ

培養細胞でのSAP-1の過剰発現が、増殖因子を介したMAPKの活性化の抑制やカスパーゼ依存性の細胞死の誘導を通じて細胞増殖を抑制、アクチン骨格系の再編成を負に制御することが報告されている。*1

ヒトの大腸がんではSAP-1の高発現が認められている。

*1受容体型チロシンホスファターゼの機能と病態―R3サブタイプチロシンホスファターゼを中心に: https://seikagaku.jbsoc.or.jp/10.14952/SEIKAGAKU.2015.870547/data/index.html

SAP-1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-13 (月) 10:20:59