健康用語WEB事典

Syk(spleen tyrosine kinase)

非受容体型チロシンキナーゼのひとつ。

主に血液免疫細胞発現し、骨髄細胞系ではマスト細胞樹状細胞マクロファージ破骨細胞血小板リンパ球ではB細胞に高い発現が認められている。*1

IgE受容体活性化を介したマスト細胞ヒスタミン放出やサイトカイン産生、マクロファージファゴサイトーシス破骨細胞の活性化、コラーゲン受容体を介する血小板凝集B細胞分化や活性化、一部のがん自己免疫疾患真菌ウイルス感染との関連などが報告されている。

*1日本臨床免疫学会会誌 チロシンキナーゼSykの生理機能とその阻害薬: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jsci/36/4/36_197/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


Sykに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-04-30 (木) 08:11:29