TAZ/PIPC

β-ラクタマーゼを阻害するタゾバクタムペニシリン系ピペラシリンの合剤。商品名はゾシン

重症肺炎緑膿菌感染に対する第一選択薬の一つで、重症感染症治療に広く用いられている。主な副作用酵素値上昇と下痢機能障害など。*1*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | タゾバクタム/ピペラシリンの血中濃度と副作用の発現頻度の関連性に関する検討 (KAKENHI-PROJECT-25926001): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-25926001/
*2タゾバクタム/ピペラシリン合剤投与に伴う腎機能障害の発現頻度と腎不全発症患者の血中濃度 五十嵐一彦 波多野聡子 宇夛裕基 玉井郁巳 河原昌美: http://plaza.umin.ac.jp/~jstdm/journal/pdf/31040117.pdf

TAZ/PIPCに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-24 (金) 12:49:34