健康用語WEB事典

TBK1(TANK binding kinase 1)

病原体感染におけるサイトカインの産生において必須な役割を果たすキナーゼ細胞内シグナル分子)。NAK?T2K?IKKiとも。*1

B細胞抗体応答の抗原特異性B細胞免疫記憶長期記憶を司る胚中心B細胞の形成においてTBK1が必須であることが確認されている。*2

ホスファチジルイノシトール-5-リン酸抗原と共に免疫すると、TBK1シグナルを直接活性化することでアジュバント効果を発揮し、抗原特異的抗体を誘導することが報告されている。*3

DNA刺激に応じたⅠ型インターフェロンの産生にはTBK1が主要な働きをしている。刺激に応じてIRF-3リン酸化IFN-βを含む一連の標的遺伝子発現が誘導される。TBK1と結合し活性化するシグナル伝達分子としてSTING(MITA、MPYS、ERIS)が存在する。*4

タグ: 酵素 サイトカイン キナーゼ B細胞 インターフェロン

*1TANK-binding kinase 1 (TBK1) controls cell survival through PAI-2/serpinB2 and transglutaminase 2 | PNAS: https://www.pnas.org/content/109/4/E177
*2共同発表:感染やワクチンにおける免疫記憶に必須なB細胞シグナル因子を発見: https://www.jst.go.jp/pr/announce/20211216-2/index.html
*3KAKEN — 研究課題をさがす | TBK1の活性化メカニズムの解明 (KAKENHI-PROJECT-23790296): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-23790296/
*4Akira Lab. : 大阪大学 微生物病研究所 / 免疫学フロンティア研究センター 自然免疫学分野: http://hostdefense.ifrec.osaka-u.ac.jp/ja/topics/2010/11/20101112immunity.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


TBK1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-12-18 (土) 13:51:47