健康用語WEB事典

TRIADネクローシス(transcriptional repression-induced atypical cell death necrosis)

アルツハイマー病患者ので起こるネクローシス神経細胞老化の終末形として起きる現象。小胞体の膨張やHMGB1の放出が起こる。

2006年、岡澤教授らが発見した新規細胞死で、転写本的分子である RNA polymerase II の特異的阻害によって神経細胞に非常に緩慢なネクローシス細胞死が起こることを発見し、Transcriptional Repression-Induced Atypical cell Death (TRAID)と命名した(Hoshino et al., J Cell Biol 2006)。*1

タグ: ネクローシス アルツハイマー病 神経細胞

*1国立大学法人東京医科歯科大学「神経変性が加速する分子メカニズムを解明」老化・変性の加速媒介分子を標的とする認知症治療の実用化へ期待: https://www.tmd.ac.jp/files/topics/56070_ext_04_2.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


TRIADネクローシスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-10-22 (金) 12:33:38