TRPV1(transient receptor potential vanilloid 1)

TRPVのひとつ。後根神経節や全身に分布する感覚神経神経終末細胞膜に存在するバニロイド受容体*1

カルシウムイオン透過性の高い非選択性陽イオンチャネルであり、43℃以上の熱やプロトン)などの刺激によって活性化する。*2

カプサイシン辛味痛み)を感じる受容体のひとつ。また、TRPV1の活性化によって、TRPV1と同じ感覚神経発現しているアノクタミン1の活性化を誘発し、その辛さを増強する。*3

TRPV1への刺激によりヒスタミンセロトニンブラジキニンなどが放出され、一次求心神経神経終末が活性化され、脊髄後角を通り、その二次求心性神経に興奮が伝達される。その軸索は対側の脊髄視床路脊髄網様体を上行して投射される。*4

*1カプサイシンに関する詳細情報:農林水産省: http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/syousai/
*2日薬理誌 消化管におけるTRPV1の発現と機能 富永真琴: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/128/2/128_2_78/_pdf
*3カプサイシンが引き起こす痛みの増強メカニズム −TRPV1活性化はアノクタミン1の活性化を引き起こす− - 生理学研究所: http://www.nips.ac.jp/release/2015/04/_trpv1.html
*4

TRPV1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-27 (月) 09:38:44