TdT(terminal deoxynucleotidyl transferase)

DNA合成酵素のひとつ。未熟なリンパ球胸腺リンパ球発現する。末端デオキシヌクレオチドトランスフェラーゼとも。*1*2

T細胞受容体抗体遺伝子配列のバリエーションを増すためにランダムにヌクレオチドを付加する働きを持つ。*3

Tリンパ芽球性リンパ腫など急性リンパ性白血病の90%以上で陽性となるため、そのバイオマーカーとなる。

*1一般社団法人ひょうご病理ネットワーク 免疫組織データベース いむーの TdT: http://immuno2.med.kobe-u.ac.jp/20070927-3149/
*2Terminal deoxynucleotidyl transferase(TdT)陰性のT-リンパ芽球性リンパ腫(T-lymphoblastic lymphoma; T-LBL)の1症例: https://www.jstage.jst.go.jp/article/jamt/66/1/66_16-22/_html/-char/ja
*3一般社団法人ひょうご病理ネットワーク 免疫組織データベース いむーの 遺伝子検査の原理と実際: http://immuno2.med.kobe-u.ac.jp/20060213-3562/

TdTに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-21 (金) 09:28:26