健康用語WEB事典

UCP1(uncoupling protein 1)

褐色脂肪細胞ミトコンドリアに存在する、脂肪を利用して熱を生み出すタンパク質脱共役タンパク質のひとつ。*1

褐色脂肪細胞β受容体の刺激によって活性化される。*2

UCP1の増加によって脂肪の利用量が増えるため肥満を抑制できるとされる。

UCPミトコンドリア内膜での酸化リン酸化反応を脱共役させ,エネルギーを熱として散逸する機能を持っている.最も代表的な褐色脂肪組織UCP(UCP1)については,

1.肥満動物では UCP1 の機能が低下している,

2.多食しても肥満しない動物は UCP1 が増加している,

3.人為的に UCP1 の発現を低下させたマウスは肥満し高発現マウスはやせる

などの事実が知られている.*3

*1褐色脂肪細胞においてエネルギー消費を促す新たなメカニズムを発見 --からだの熱産生に褐色脂肪細胞のTRPV2チャネルが関与-- - 生理学研究所: http://www.nips.ac.jp/release/2016/02/_trpv2.html
*2エネルギー代謝調節機構 UCP を中心に 斉藤昌之: http://jams.med.or.jp/symposium/full/124062.pdf
*3エネルギー代謝調節機構―UCP を中心に 斉藤 昌之: http://jams.med.or.jp/symposium/full/124062.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


UCP1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2018-05-01 (火) 07:49:23