健康用語WEB事典

V領域(variable region)

抗体の先端(Y字の腕の先端)の部分にある、抗体ごとにアミノ酸の配列および立体構造が異なる部位。可変領域とも呼ばれる。H鎖のV領域をVHL鎖のV領域をVLと呼ぶ。*1

抗体のV領域以外は、同じタイプの抗体であれば共通となるのでC領域定常領域)と呼ばれる。*2

多様性に富む領域はVHに3ヶ所、VLに3ヶ所の計6ヶ所が存在し、これらは超可変領域と呼ばれる。*3

*1触媒機能を有する抗体タンパク質 円谷健 大阪府立大学大学院理学系研究科 助手: http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~fujii/oldsite/staff/tsumuraya/cat_antibody.pdf
*2技術評論社 西村尚子 知っているようで知らない免疫の話 ヒトの免疫はミミズの免疫とどう違う?(2010/8/25)
*3触媒機能を有する抗体タンパク質 大阪府立大学大学院理学系研究科 助手 円谷健: http://www.b.s.osakafu-u.ac.jp/~fujii/oldsite/staff/tsumuraya/cat_antibody.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


V領域に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2018-10-10 (水) 08:30:30