健康用語WEB事典

VO2max(maximal oxygen uptake)

運動の強度を表す単位。最大酸素摂取量に対する酸素の消費量から運動の強度を割り出す。単位は百分率。

物理的な運動強度が増加していくと,酸素摂取量はそれにほぼ比例して増加する。したがって,運動中に体内に摂取した酸素の量を知れば,生理的な運動強度がわかる。この酸素量を,最大酸素摂取量に対する割合(%Vo2max)で表すと,個人個人に対する相対的な運動強度となる。*1

25%VO2maxの軽い運動では、エネルギーとして血液中の脂肪酸グルコースが利用される。65%VO2maxの中強度の運動では、脂肪組織骨格筋中性脂肪が同程度使用され、筋肉内で中性脂肪代謝が最大となる。85%VO2maxの高い運動強度では、脂肪の燃焼によるエネルギー供給が減少する。*2

*1横浜市立大学 体力(有酸素能力)を高めるためのトレーニング: http://www-user.yokohama-cu.ac.jp/~sport/menu/staff/tamaki/edu/training.html
*2広島女学院大学論集 運動負荷とエネルギー代謝調節機構: http://harp.lib.hiroshima-u.ac.jp/hju/detail/1018420120316093504

ご意見・ご要望をお聞かせください。


VO2maxに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:04:50