健康用語WEB事典

cGAMP(cyclic GMP-AMP)

アデニル酸グアニル酸が2つのホスホジエステル結合によって環状に結合した有機化合物セカンドメッセンジャーとしての働きを持つ。

cGAMPの化学構造

cGAMPの合成における触媒環状GMP-AMPシンターゼcGAS)。*1

cGASウイルスなどのDNAを認識するとcGAMPが生成され、これがSTINGを活性化してⅠ型インターフェロンを誘導する。*2

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 新規セカンドメッセンジャーcGAMPの産生と炎症誘導の分子機構 (KAKENHI-PROJECT-15K19024): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15K19024/
*2cGAMP:バイオキーワード集|実験医学online:羊土社: https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/3470.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


cGAMPに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filecGAMP.png 閲覧数 528回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-25 (木) 18:28:35