健康用語WEB事典

dsRNA(double-strand RNA)

2本のRNA(あるRNAとそれに対するアンチセンスRNA)が結合したもの。二本鎖RNAとも。

RNAウイルス宿主細胞感染し、複製する際に生じる。免疫細胞を活性化させ、Ⅰ型インターフェロンを誘導する最も代表的なウイルスの構成成分。TLR3dsRNAの認識に関わることが報告されている。*1

合成のdsRNAとしてポリイノシン:ポリシチジル酸(poly(I:C))がある。これはウイルス由来dsRNAと同様に免疫活性を持つ。

*1自然免疫におけるウイルス感染認識機構 植松智 審良静男 大阪大学微生物病研究所自然免疫学: http://jsv.umin.jp/journal/v56-1pdf/virus56-1_001-008.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


dsRNAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-11-25 (月) 10:07:27