mol

物質量を表す単位。国際単位系(SI)に含まれる。モル

定義は「12gの炭素12に含まれる炭素原子の数 = 6.02×1023個」である。6.02×1023アボガドロ定数と呼ばれる。

1molは、ある物質を構成する原子または分子アボガドロ定数個集まった量のことであり、その物質がXグラムあるなら、その物質の量(=mol)は、Xグラムを、それを構成している原子原子量または分子分子量で割った値となる。*1

例えば 36g のは、分子量が 18 であるから、その mol は以下のように計算できる

36 / 18 = 2mol

化学反応を考える際に、原子分子1つひとつではなく、ある一定量の集団としての反応を考えたほうが理解しやすいため、この単位が利用される。

*1モル | 生物分子科学科 | 東邦大学: https://www.toho-u.ac.jp/sci/biomol/glossary/chem/mol.html

molに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-06-24 (月) 09:11:33