ntES細胞(nuclear transfer embryonic stem cells)

多能性幹細胞のひとつ。細胞核を除いた卵子体細胞細胞核を入れてを作り、ES細胞と同じように胚盤胞から細胞を取り出して培養したもの。核移植ES細胞とも。*1

ntES細胞とES細胞では、特定の遺伝子におけるメチル化の状態に違いがあることが知られている。*2*3

*1用語説明 | もっと知るiPS細胞 | 京都大学iPS細胞研究所 CiRA(サイラ): https://www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/faq/glossary.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 核の初期化促進方法の確立およびクローン胚から作成したntES細胞の正常性の検討 (KAKENHI-PROJECT-15080211): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15080211/
*3iPS細胞に残る由来細胞の記憶 - 世界の幹細胞(関連)論文紹介 - 慶應義塾大学 グローバルCOEプログラム 幹細胞医学のための教育研究拠点: http://www.med.keio.ac.jp/gcoe-stemcell/treatise/2010/20100917_02.html

ntES細胞に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-05-13 (月) 16:16:13