健康用語WEB事典

piメチルヒスチジン(pi-methylhistidine)

ヒスチジンに含まれるイミダゾール環のN1位がメチル化したヒスチジン誘導体1-メチルヒスチジン?N1-メチルヒスチジン?とも。*1*2

アンセリンを構成する。*3

タグ: ヒスチジン 誘導体 アンセリン

*1ヒスチジン残基をpiメチル化する酵素を発見 | 理化学研究所: https://www.riken.jp/press/2021/20210209_2/index.html
*21-Methyl-L-histidine | C7H11N3O2 - PubChem: https://pubchem.ncbi.nlm.nih.gov/compound/1-Methyl-L-histidine
*3静岡大学 貴志浩久 機能性食品アンセリンの抗疲労効果に関する研究: https://japanlinkcenter.org/jalc/linkSakiAnnaiOto/mRRidirect/index?doi=10.14945/00008783

ご意見・ご要望をお聞かせください。


piメチルヒスチジンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2021-02-15 (月) 06:53:54