β-グルコセレブロシダーゼ(β-glucoserebrosidase)

グルコシルセラミド加水分解してセラミドを生成する反応を触媒するグルコセレブロシダーゼ層板顆粒に存在する。*1*2

*1板谷友里奈 表皮のバリア機能に対するスフィンゴミエリンの役割の解明: http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-PhDK76.pdf
*2東京大学大学院医学系研究科/医学部附属病院 神経内科 辻省次 三井純 神戸大学大学院医学系研究科 神経内科 戸田達史 パーキンソン病の発症に関連する重要な遺伝的因子を発見・確立: http://www.h.u-tokyo.ac.jp/vcms_lf/r220091022182215.pdf

β-グルコセレブロシダーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-11-01 (木) 15:56:13