健康用語WEB事典

レシニフェラトキシン(resiniferatoxin)

トウダイグサ科ユーフォルビア属の植物の乳液やハッカクキリンに含まれるダフナンジテルペン

レジニフェラトキシンの化学構造

TRPV1に作用し、脱感作を経て強力な鎮痛活性を示すことが知られている。カプサイシンの100倍以上のTRPV1活性化作用を有する。*1*2

*1トピックス|東京大学大学院 薬学系研究科・薬学部: http://www.f.u-tokyo.ac.jp/topics.html?page=2&key=1508404011
*2日本薬理学雑誌 小林義典 呉茱萸アルカロイド“エボジアミン”のTRPV1を介した生理活性: https://www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/146/3/146_135/_article/-char/ja/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


レシニフェラトキシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: fileresiniferatoxin.png 閲覧数 406回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-01-09 (木) 09:35:34