ARF(ADP ribosylation factor)

低分子量Gタンパク質であるがん抑制遺伝子細胞小器官間のタンパク質輸送を行う輸送小胞の形成を調節する。ADPリボシル化因子とも。*1*2

GDPと結合した不活性型(ARF-GDP?)として存在しているが、その機能を発現する際はグアニンヌクレオチド交換タンパク質?GEP?)によってGTPと結合した活性型(ARF-GTP?)に変換される。活性型のARFは小胞輸送アクチン線維の再構築を調節したり、NADPHオキシダーゼホスホリパーゼDキナーゼなどを活性化したりする。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 癌抑制遺伝子産物ARFによる細胞死誘導機構の解析:p53非依存性細胞死の機序 (KAKENHI-PROJECT-13214040): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-13214040/
*2KAKEN — 研究課題をさがす | 活性型ARFの定量法および細胞内局在決定法の開発 (KAKENHI-PROJECT-15657046): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-15657046/
*3順天堂大学大学院 医学研究科 ARF-GEPの役割: https://www.juntendo.ac.jp/graduate/laboratory/labo/seikagaku_seitaibogyo/html/arf_gep.html

ARFに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-07-25 (木) 09:07:59