O111

腸管出血性大腸菌のひとつ。2011年に富山県を中心にO111による食中毒が発生し、86名が大腸炎に罹り、そのうち34名が溶血性尿毒症症候群、21名が脳症を併発し、5名が死亡した。*1

*1脳症の臨床症状と新しい治療法を明らかに 2011 年の大腸菌 O-111 食中毒を事例に: http://www.m.u-tokyo.ac.jp/news/admin/release_20140118.pdf

O111に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-09-16 (日) 16:56:25