健康用語WEB事典

SN-38

イリノテカン活性代謝物

SN-38の化学構造

肝臓代謝されるが、障害がある場合は有機アニオントランスポーターによる肝臓への取り込みが阻害され、さらに尿毒症物質は血液中のタンパク質と結合することでSN-38タンパク質の結合が阻害されるため体内に蓄積し、副作用の原因となることが知られている。*1

タグ: 活性代謝物 医薬品成分 有機化合物 抗がん剤

*1研究内容 - 化学療法学 - 研究室紹介 - 研究 - 慶應義塾大学 薬学部・薬学研究科: http://www.pha.keio.ac.jp/research/ct/research.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


SN-38に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]




添付ファイル: fileSN-38.png 閲覧数 131回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2020-11-09 (月) 09:51:35