健康用語WEB事典

キサンチンオキシダーゼ(xanthine oxidase : XO)

キサンチン尿酸代謝する反応を触媒するキサンチンオキシドレダクターゼ。ヒトのプリン体代謝経路において最終代謝物である尿酸を生成する酵素であり、体内の過剰な尿酸痛風高尿酸血症の原因となる。

その多くはキサンチンデヒドロゲナーゼの形で体内に存在する。*1

*1環境分子生理学研究室|研究室一覧|学部・大学院|大阪薬科大学 薬学部/大学院薬学研究科: http://www.oups.ac.jp/kenkyu/kenkyuushitu/kankyoubunsi.html

ご意見・ご要望をお聞かせください。


キサンチンオキシダーゼに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-01-21 (火) 09:13:51