健康用語WEB事典

グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素(glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase)

グリセルアルデヒド-3-リン酸から1,3-ビスホスホグリセリン酸を生成する反応を触媒する酵素グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼとも呼ばれる。

この酵素補酵素としてNAD+を必要とし、この反応の進行によってNAD+NADH還元される。この還元反応が起きなければ解糖系全体の代謝が進まなくなる。*1

*1信州大学名誉教授 細野明義 乳酸菌とビフィズス菌の糖代謝と発酵: http://www.nyusankin.or.jp/scientific/pdf/Nyusankin_493_a.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


グリセルアルデヒド-3-リン酸脱水素酵素に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:06:09