健康用語WEB事典

デスアシルグレリン(desacyl ghrelin)

胃酸分泌に影響しないグレリン血漿中のグレリンの90%を占める。GHSR1a?と結合できず、成長ホルモンの放出にも関わらない。不活性型グレリンとも。*1

視床下部室傍核および弓状核に対する作用を介して食物摂取や内容物排出速度を減少させることが報告されている。

*1埼玉医科大学臨床医学研究系内科学 櫻田智也 ラットの胃酸分泌に及ぼすアシルグレリンとデスアシルグレリンの作用の比較: http://www.saitama-med.ac.jp/jsms/vol37/01/jsms37_t001_t011.pdf

ご意見・ご要望をお聞かせください。


デスアシルグレリンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2019-12-21 (土) 10:16:07