上皮成長因子(epidermal growth factor : EGF)

血管新生促進因子のひとつ。上皮成長因子受容体リガンドとなる。

上皮成長因子とその受容体の結合を阻害すると皮膚に障害が起こる。がん細胞は上皮成長因子を利用するため、その阻害薬が抗がん剤として使用されるが、皮膚障害が副作用として現れる場合がある。*1

*1上皮成長因子受容体 (EGFR) 阻害薬における皮膚障害に関する皮膚生理学的変化と保湿剤の有用性の検討: https://www.jstage.jst.go.jp/article/nishinihonhifu/76/3/76_242/_article/-char/ja/

上皮成長因子に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-01-28 (日) 19:47:37