風疹(rubella)

風疹ウイルスが原因となる感染症飛沫感染を起こす。

2~3週間の潜伏期間の後に風邪に似た症状、発疹発熱リンパ節の腫れ、眼球結膜充血などが起こる。発疹発熱が3日で治まることから三日はしかとも呼ばれる。*1

予防接種を2回受けることが推奨されている。昭和54年4月1日以前に生まれた男性はワクチンの接種を受ける機会が無かったため、最も風疹に対する免疫が無いとされる。また、妊婦はワクチンを接種することができない。*2

現在は風疹に対する予防接種MRワクチン麻疹・風疹混合ワクチン?)として、1期(1歳時)と2期(5-7歳時)の2回、定期予防接種が行われています。*3

*1病気とワクチン MRワクチン - ワクチンの基礎知識 - 北里第一三共ワクチン株式会社: http://www.daiichisankyo-kv.co.jp/knowledge/sick/v_mr.html
*2なぜ大切?風しんワクチン|風しんの感染予防の普及・啓発事業|厚生労働省: http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/rubella/vaccination/vaccine.html
*3風疹について_立命館保健センター: http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/hoken/InformationRubella.html

風疹に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-06-10 (日) 12:16:33