IL-2R

IL-2受容体。2種類のサブユニット(α鎖、β鎖)からなる。

α鎖はリンパ球活性化の後に初めて見出されるが、β鎖は休止期のリンパ球にも発現している。α鎖は生体免疫機構活性化の指標とすることができる。*1

*1インターロイキン2受容体(IL-2R): https://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/hotai/ir-2r.htm

IL-2Rに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-08-10 (金) 16:24:05