KIF13B

タンパク質分子モーター)の一種。細胞内で物質の輸送を担う。

LRP1カベオラを結合させ、LRP1による物質の取り込みを促進する。肝臓に多く、血流と直接接する洞様毛細血管側の細胞膜上に多く存在する。*1

*1細胞内取り込みのメカニズムを解明 | 東京大学: https://www.u-tokyo.ac.jp/focus/ja/articles/a_00233.html

KIF13Bに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2018-12-29 (土) 09:54:51