Nr4a

核内受容体ファミリーヘルパーT細胞抗原刺激を受けること(T細胞抗原受容体の活性化)によって発現する。

制御性T細胞の発生に必須。自己攻撃性の細胞細胞死制御性T細胞への分化を誘導する役割を担い、自己免疫疾患の発症を防いでいる。*1*2

これらは同様の機能を持ち、互いに補い合って制御性T細胞分化負の選択に関与する。

*1慶應義塾大学 免疫反応を抑える細胞が作られる新たな仕組みを発見: https://www.keio.ac.jp/ja/press_release/2012/kr7a4300000bescn-att/130121_1.pdf
*2慶應義塾大学学術情報リポジトリ(KOARA) 制御性T細胞の機能のダイナミズムを制御する分子メカニズムの解明: http://koara.lib.keio.ac.jp/xoonips/modules/xoonips/detail.php?koara_id=KAKEN_23790346seika

Nr4aに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-02-28 (木) 08:08:16