RhoA

低分子量GTPase発現するRhoファミリーのひとつ。発現されたタンパク質細胞質内で分子スイッチとして機能して、細胞運動や生死を制御する。*1*2

グアニンヌクレオチド交換因子であるSmgGDS-558?による脂質修飾を受ける。*3

*1KAKEN — 研究課題をさがす | 細胞の極性形成における低分子量Gタンパク質の役割と作用機構 (KAKENHI-PROJECT-20054010): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-20054010/
*2筑波大学 京都大学 あるタイプの悪性リンパ腫に特異的な遺伝子変異の発見 早期診断法と新規治療薬の開発に期待: http://www.md.tsukuba.ac.jp/gradmed/topics/pdf/140117_sakata.pdf
*3東京大学 グアニンヌクレオチド交換因子 SmgGDSによる脂質修飾された低分子量Gタンパク質の認識および新規GEF機構を解明: http://www.f.u-tokyo.ac.jp/manages/topics/data/1536299827_1.pdf

RhoAに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-13 (日) 07:21:37