健康用語WEB事典

チミジン三リン酸(thymidine triphosphate : TTP)

デオキシヌクレオチド三リン酸のひとつ。塩基としてチミンを持つ。デオキシチミジン三リン酸TTPdTTPとも表記される。

チミジン三リン酸(TTP)の化学構造

ピリミジンヌクレオチドの合成経路において生成される。

dTTPUDPからの分岐経路にて合成されます。UDP代謝されてdUMPとなり、メチル化によりdTMPとなって、最終的にdTTPとなります。*1

チミジン三リン酸が代謝されてDNA核酸塩基となるチミンとなる。

*1秀和システム 生化学若い研究者の会 これだけ!生化学

ご意見・ご要望をお聞かせください。


チミジン三リン酸に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



添付ファイル: filethymidine_triphosphate.png 閲覧数 231回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2018-01-25 (木) 15:00:45