健康用語WEB事典

リラキシン(relaxin)

卵巣から分泌されるホルモン子宮弛緩因子とも。

妊娠分娩時の痛みを和らげる役割を持つことが知られており、妊娠初期に中濃度がピークを示す。*1*2

マウスなどにおいて、リラキシン妊娠子宮頚管?熟化作用や子宮収縮抑制作用を示す。

絨毛外トロホブラスト?EVT?)や子宮筋においてリラキシン受容体発現している。MMP-2MMP-3MMP-9発現促進とTIMP-1?発現抑制を介してEVT?の脱落膜間質浸潤を促進する。

*1岩岡教授らの研究グループがヒトリラキシンの高収率化学合成に成功しました|東海大学: https://www.u-tokai.ac.jp/research/news/detail/20140519.html
*2KAKEN — 研究課題をさがす | リラキシン(LGR7と8)の子宮内発現の解析とその細胞外ドメイン投与の効果 (KAKENHI-PROJECT-16659451): https://kaken.nii.ac.jp/ja/grant/KAKENHI-PROJECT-16659451/

ご意見・ご要望をお聞かせください。


リラキシンに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-05 (月) 10:39:41