痙性神経因性膀胱

膀胱尿を溜める機能に異常が起こる神経因性膀胱

膀胱の容量と尿の量が減少する。常に尿意を感じ、排尿回数が10回以上となる頻尿や失禁などの症状が見られる。

膀胱の内圧が上がるため、膀胱から尿管へと尿が逆流しやすく、腎盂炎?水腎症?などの腎機能障害も併発する場合がある。

痙性神経因性膀胱に関係する疾病*1

*1東海大学医学部付属病院 泌尿器科 神経因性膀胱とは: http://uro.med.u-tokai.ac.jp/byoukini/towa_sbo.html

痙性神経因性膀胱に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:10:22