重症熱性血小板減少症候群ウイルス(severe fever with thrombocytopenia syndrome virus : SFTSV)

重症熱性血小板減少症候群の原因となる、ブニヤウイルス?フレボウイルス?属のウイルスマダニからヒトに感染し、消化器症状や神経症状、出血などを引き起こす。主に中国、韓国、日本に分布する。*1*2

直径約80〜100nmの球形ビリオン構造をなし,表面に5〜10nmの突出するスパイクを有するエンベロープを持つ。ゲノムマイナス鎖RNA潜伏期間は5~14日(平均9日)。*3

多くの動物はSFTSV感染しても不顕性感染である。国内ではシカの保有率が高い。動物からヒトへの感染は報告されていないが、ヒトからヒトへの感染は確認されている。

*1鹿児島大学 ウイルス感染症に対する治療薬や治療法の研究と開発 難治ウイルス病態制御研究センター 教授 馬場昌範: https://www.kagoshima-u.ac.jp/researcher/2018/05/post-20.html
*2重症熱性血小板減少症候群の治療に関する臨床研究を開始します | 愛媛大学: https://www.ehime-u.ac.jp/post-18147/
*3重症熱性血小板減少症候群(SFTS)と SFTS ウイルス 高橋徹 山口県立総合医療センター血液内科: http://plaza.umin.ac.jp/~jsv/journal/v65-1pdf/virus65-1_007-016.pdf

重症熱性血小板減少症候群ウイルスに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


コメントはありません。


このページの最終更新日時: 2019-10-10 (木) 06:56:06