骨盤(pelvis)

左右に1つずつの寛骨と、脊椎仙骨尾骨から成る

骨盤の構造

BodyParts3D, Copyrightc 2008 ライフサイエンス統合データベースセンター licensed by CC表示-継承2.1 日本

前方に約30度傾いている。大腿骨とは、大殿筋?中殿筋小殿筋などで繋がる。

骨盤内の臓器は、直腸膀胱子宮、骨盤底の筋肉尿道括約筋肛門括約筋?など。*1

成人では女性ホルモンの影響で骨盤の形に性差が現れる。女性は出産などに適した横に広い構造となる。*2

骨盤の形は、男性と女性でちがいがあります。ひとつは、女性の腸骨が、男性にくらべてやや横に広がった形をしていること。もうひとつは、骨盤の上から見たときのあなの形が、男性は前に向かってすぼむハート形で、女性は横に広いだ円形をしていることです。あなの出口にあたるところで左右の恥骨がつくる角度も、女性のほうが広くなっています。*3

*1骨盤機能センター■高知大学医学部附属病院: http://www.kochi-ms.ac.jp/~hsptl/pfc/
*2慶應義塾大学医学部解剖学教室内 船戸和弥 (二)Pelvis(骨盤)Pelvis: http://www.anatomy.med.keio.ac.jp/funatoka/anatomy/Textbook/anatomy1c3-2.html
*3PHP研究所 順天堂大学医学部教授 坂井建雄 監修 骨のひみつ 人体のしくみがよくわかる! 2015/9/7

骨盤に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]

コメントはありません。


添付ファイル: filepelvis.png 閲覧数 112回 [詳細]

このページの最終更新日時: 2017-12-04 (月) 18:12:03