健康用語WEB事典

AGT1

腎臓発現する膜タンパク質の一種。SLC7A13とも。

AGT1rBATの複合体が、尿細管においてシスチンおよび酸性アミノ酸アスパラギン酸グルタミン酸)などを輸送することが知られている。マウスにおいてはオスのみに発現する。*1

*1長年の謎:アミノ酸シスチンを取り込む輸送タンパク質を発見 — リソウ: https://resou.osaka-u.ac.jp/ja/research/2016/20160105_1

ご意見・ご要望をお聞かせください。


AGT1に関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]



このページの最終更新日時: 2020-10-07 (水) 17:58:37