BSL(biosafety level)

病原体を扱う実験室の格付け。感染力が強い危険な病原体ほど高いレベルの実験室で扱うことが必要。

BSL(バイオセーフティレベル)とは、細菌ウイルスなどを取り扱う実験施設の分類です。取り扱うことのできる病原体の危険度は、致死性、感染性、伝搬様式(例えば空気感染食物感染?等)、病原体の自然界での生存能力などを勘案して4つのレベルに分けられており、もっとも厳しい基準がBSL-4です。*1

*1長崎大学が検討するBSL-4施設 | 高度安全実験(BSL-4)施設| 長崎大学感染症共同研究拠点 -: http://www.ccpid.nagasaki-u.ac.jp/bsl4/about/

BSLに関する情報を検索
[学術機関を検索] [政府機関を検索]


このページの最終更新日時: 2018-12-05 (水) 07:26:54